2017.07.17 Monday

Friday Night Lights

0

    JUGEMテーマ:映画

    今年5本目。

     

    続きを読む >>
    2017.07.05 Wednesday

    『人工知能と経済の未来』

    0

      JUGEMテーマ:読書

       

      今年13冊目。

       

      昨今話題になっている人工知能が将来的に人間の仕事を奪うのではないか?という議論を昨今見かけるが、それが果たしてどの位現実味があるのか、を議論している本書。本書に拠ると、2045年がAIが全人類の知能を超える(いわゆるシンギュラリティ)年と見込んでいます。そして、その15年前2030年に、現存する多くの仕事がAIによって取って代わるだろう、という予測をしています。その中には多くのサービス業や事務作業が含まれるという予測です。

       

      著者はその可能性を踏まえて、付加価値がつく仕事は一定数(現存の労働数の約1割)は2030年を過ぎても仕事はあるだろうとしつつ、残りの9割に関しては明快な解決策をだしていない。むしろ、失業することを念頭に置きつつ、ベーシックインカムの導入を声高に主張している。

       

      シンギュラリティの時代が来たとして、一体労働するということはどういう意味をもつ時代になるのだろうか?そして、働きたくても働けなくて、経済的にも恵まれないような状態が生まれたとして、果たして世の中は何のために存在しているのだろう?という原点回帰な疑問が出てきそうだ。遊んでくらしたいと思う人にはシンギュラリティの世界は魅力的に聞こえるのかもしれないが、その人たちに充分な支給(ベーシックインカム)が払われるわけではない。そして、仕事したい、という人には、仕事が与えれず、また、対価も充分でない可能性もある。そうなったら、シンギュラリティの世界は果たして幸せな世界なのか?という疑問がでてくる。最もそこに行き着く前に、新たな職種の出現や新しい社会福祉の形ができあがっている可能性のほうが高そうだが・・・。

       

      1つ気になったのは第3次産業革命(いわゆるインターネットの出現)と第4次産業革命(AIの出現)を分けているのが気になった。現代に生きる人間としては、それぞれ時期が微妙にずれているのだが、後から大きな括りでみると、この2つの革命は同じもの(つまりはITの出現)と後世の人は語るのでは無いだろうか?著者としては、AIの出現=第4次産業革命としたほうが、注目をあびるだろうから、そうしたいのだろうけど・・・。

      2017.06.26 Monday

      Don Giovanni

      0

        JUGEMテーマ:音楽

        久々のオペラ鑑賞。今回はモーツアルトのドン・ジョバンニ。タイトルロールのドン・ジョバンニ役はイルデブランド・ダルカンジェロ。この役が当たり役で、世界のオペラハウスでこの役を歌い続けている。サンフランシスコオペラにも当代きっての人気者が来ることもあるんだなぁ、と驚き嬉しく思いながら見に行った。脇を固める歌い手も知名度こそそこまででではないものの、しっかりした歌い手さんが多かった。ドンナ・アンナ役のエリン・ウォール、レポレッロ役のアーウィン・シロット、あたりが特によかった。

         

        でもなにより、1番驚いたのは、オーケストラ。普段モサッとした演奏ばかりしている印象だったけど、今回は序曲の時からキリッとした揃った音。思ったのは、これはオケのせいではなく、普段率いている音楽監督の趣向が自分と相容れないのではないか、と思った次第。今回タクトをふったマルク・ミンコフスキは良かった、是非またSFオペラでタクトを振って欲しいな。相変わらず音が前からではなく、下から聞こえてくるのは、もう建物の構造上仕方ないのでしょう。

        2017.06.12 Monday

        『名もなき毒』

        0

          JUGEMテーマ:読書

          今年12冊目。

           

           

          続きを読む >>
          2017.06.11 Sunday

          Murray Perahia コンサート

          0

            JUGEMテーマ:音楽

            今シーズン最後のリサイタルはマレイ・ペライアのピアノリサイタル。プログラムは

            バッハ フランス組曲第6番

            シューベルト 4つの即興曲

            モーツアルト ピアノのためのロンド

            ベートーヴェン ソナタ第32番

             

            少し前に行ったアンドラーシュ・シフのリサイタルでも4つの即興曲を演奏していて、聴き比べることになった。結果からいうと、ペライアの演奏の方が温かみがあってよかった。ペライアはミスタッチが結構目立つのだけど、演奏に自分はこう解釈してこう演奏します!という箇所が至る所に見られた。シフの方は、正確なのだけど、機械的な冷たい印象だったな、とペライアの演奏を聴きながら思い返していた。

             

            バッハ・モーツアルトはどちらも短い曲なのだが、長めのシューベルト・ベートーヴェンに引けをとらないほどの存在感を放っていた。シフは演奏時間が20分を超える曲を4曲演奏して、観衆を疲弊させていたけど、こういう短くても印象に残る曲というのも沢山あるはず。ペライアのプログラム構成はそういうメリハリ理解した上での構成になっていた。プログラムの構成って大事だよな、と思った。

             

            1つ残念だったのは、アンコールがなかったこと。比較的早い時間に終わったので、1曲・2曲アンコールするのかと思っていたが、1曲もなし。ここは数曲披露してくれたシフのほうがサービス精神旺盛だったな。

            Calendar
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << July 2017 >>
            PR
            [ ]
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Recent Trackback
            Recommend
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM