<< The Bourne Ultimatum | main | 『自壊する帝国』 >>
2017.05.07 Sunday

サンクトペテルブルク フィルハーモニー交響楽団

0

    JUGEMテーマ:音楽

    今回行ったのはサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団の公演。指揮はユーリ・テミルカーノフ。

    プログラムはブラームスのピアノ協奏曲1番(ピアノ ギャリック・オールソン)。ショスタコビッチの交響曲5番。

     

    1曲目のブラームスのピアノコンチェルト。ギャリック・オールソンのコンチェルト聴くのは初めてだけど、卒のない弾き方、悪く言えば個性がない演奏。とりわけブラームスを得意としているわけではないようだから、仕方ないのか、それともこの曲が最も好きな曲の1つなので、その分曲の評価基準が厳しくなってるのか…。なんにせよ、このコンチェルトの1楽章の美しさは他のコンチェルトでは聞けない何かがある。

     

    2曲目のショスタコビッチの方が、演奏としては良かった。ショスタコビッチの交響曲は、あまり聞かないけれど、そんな中でもこの5番は比較的よく聞く方。やはりロシア音楽だと、団員もそれなりに気合が入るものなのか、それとも、ロシアの作曲家故演奏する機会が多いから、その解釈に深みが入るのか、どちらか分からないけど、良い演奏でした。

     

    ユーリ・テミルカーノフ80歳が近づいているけれど、まだまだ頑張って欲しいところです。ロシアと言えばマリインスキー劇場管弦楽団が圧倒的な知名度だが、このサンクトペテルブルクフィルハーモニー交響楽団もロシア・プログラムで演奏したらいい評判を得るのではないかな、と思った。

    2017.07.17 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << July 2017 >>
      PR
      [ ]
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM