<< 『犯人に告ぐ』 | main | Quantum of Solace >>
2018.06.18 Monday

Colorado Symphony

0

    JUGEMテーマ:音楽

    旅行でたまたま行くことになったコロラド州デンバー。そこに拠点を置くコロラドシンフォニーの定期公演に行ってみた。定期公演の拠点となっているのがBoettcher コンサートホール。オペラやバレエなどの劇場も併設していて、文化センターとして機能しているよう。オペラハウスは、古いものを建て増し・改装したようだったが、シンフォニーホールは新し目。調べると1978年ということで、そこまで新しくなかったけど、サントリーホールのようなヴィンヤード型のコンサートホールで、キャパは2700人。キャパだけで言えばサントリーホールより大きいホールのようだが、そんなに大きく感じないのは人入りが少なかったからか、それともそういう動線だからか?

     

    この日のプログラムは、モーツァルトのフィガロの結婚の序曲、モーツァルトピアノ協奏曲21番、ガブリエル・フォーレのパヴァーヌ、そしてプーランクのグロリア。後半2曲は合唱つき。指揮は、ケン・デビッド・マズーア。数年前に亡くなった、巨匠クルト・マズアの息子であり、今はボストン・シンフォニーの副指揮者を務めている。今回はちょうど客演指揮者で振ることになっていたよう。

     

    前半のモーツァルトは、よく知っているだけに厳し目の感想。軽いといえばモーツァルトらしくていいのだけど、軽すぎる一方でモーツァルトの優美さがないのは残念。ちなみに、コンチェルトのピアノはOrion Weiss。初めて聴いたピアニストだけど、卒のない演奏をするって感想。

     

    後半は合唱が入って良いプログラムだった。フォーレのパヴァーヌは曲名は知らなかったけど、聴けば、ああ、あの曲か、となるほど映画などでよく聞く音楽。プーランクのグロリアも初めて聴いたけど、そこまで宗教曲ではない感じが逆にいい感じ。バッハが荘厳な宗教曲のイメージとすると、こちらは、もっとドラマチックな音楽でコンサート向けと言えそう。

     

    旅先でこういうシンフォニーに行くのは楽しい。でも、それには旅行いった日に公演が開催されているという運が必要なわけだけど・・・。

     

    2020.01.27 Monday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      262728293031 
      << January 2020 >>
      PR
      [ ]
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM